SSブログ

ハスキー三脚、帰宅

 先日オーバーホールに出したハスキー三脚が帰って来た。

husky_b_4.JPG
 かなりあちこち整備され可動部分の動きもなめらかになってうれしいものの、請求額は24,045円。修理票に書かれている「オーバーホールで、さらに10年完全な3脚のご使用状態で、がっしりと使いよい完全オーバーホール(保証付)3脚が生まれ変わります。」の意味が若干わからないが、10年使えると思えば24,045円の修理費は安い……と自分に言い聞かせることにする。

husky_b_1.jpg
 それよりもこの伝票に、こちらからの発送時は送料着払いで送ってしまってよいように書かれているのだが、本当? 発払で送っちゃったヨ。しかも、「三脚を新聞で巻いてセロテープで止め、パン棒をしっかり締めて発送すればよい」とも書かれている。厚手の段ボールと格闘して梱包用の箱をわざわざこしらえたのもムダだったのか!?

 修理内容は接合部のグリスアップとネジ・ボルト・ゴムパーツ類の交換、脚部根本強化、台板(雲台下部)交換、雲台頭部交換など。脚部の傷等は補修されていないようだが、実用面では問題ないからということなのだろう。

●オーバーホール前の頭部
husky_b_2.JPG
●オーバーホール後の頭部
husky_b_3.JPG
 雲台の塗装はげが治っているので、タッチアップなんかもしてくれているらしい。



HUSKY ハスキー3段 #1003 雲台一体型三脚

HUSKY ハスキー3段 #1003 雲台一体型三脚

  • 出版社/メーカー: トヨ商事
  • メディア: エレクトロニクス



Sponsored Link


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

4段使い

長く愛用されている三脚はかっこいいですね。
私は初めての三脚選びのとき「1本で大抵の撮影シーンをカバーできるもの」と中型カーボンを買いましたが、強度と高さに満足できませんでした。
その後悩んだ末ハスキーにしました。活躍はこれからです。
by 4段使い (2007-11-10 10:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます